「サバのゆず干」

脂がのった時期のさばこそ、もっともEPA/dhaを含んでいます。EPAの含有量は特に多く含まれ、その量はほかの青魚の3~4倍!さばの血合いはビタミン、ミネラルの宝庫で、ビタミンB2は青魚の中で最も多い含有量で、美肌効果や動脈硬化の予防、老化防止に役立ちます。

ほかにも良質なたんぱく質や、余分な塩分を体外に排出するカリウム、コレステロール値を下げて血液をサラサラにし、コレステロールが原因の胆石症の予防や視力回復に役立つタウリンも含まれます。
さばは、「さばの生き腐れ」といわれるほど傷みが早く、鮮度が低下すると多量に含まれるヒスチジンがヒスタミンに変化して、じんましんや腹痛を起こすこともありますので、新鮮なうちに調理しましょう。

PAGE TOP